お知らせ 2014年SAJ公認スキー指導員検定 公認スキーバッジテスト 改定

2014年シリーズ、SAJ公認スキー指導員検定、公認スキーバッジテストの種目が新しく改定された。
(Ski Graphicより)
(1)公認スキー指導員検定
 ・ステージの呼称廃止、「公認スキー指導員検定」「公認スキー準指導員検定」となる。
 ・単位制(A・B・C・D単位)、受験講習、講習履歴制度が廃止
  ※既に単位取得者は、2014年度から3年間移行措置がある。
    下記3要件すべてを満たした者を合格とし、公認となる。(準指導員検定については実施加盟団体の裁量)
    ①当該年度の指導員検定を受験
    ②加盟団体実施の当該年度の養成講習会(理論・実技)に参加
    ③加盟団体長の推薦

 ・認定スキー指導員及び公認スキー専門指導員制度は廃止。

(2)公認スキーバッジテスト
 ・ジュニアテストの受験資格は、12歳(小学生)以下。
 ・級別テスト(1~5級)の年齢制限は排除。
 ・2級は実技テストとなり、1級と同様、検定員3名で実施される。
 ・3~5級は、これまで通り実践講習テスト方式。
 ・プライズテストの受験資格は、13歳(中学生)以上。
 ・プライズテストの「パラレルターン大回り:不整地・中急斜面」が排除され、4種目となる。

各実技・実践講習テスト種目は次の通りとなる。

 

(1)公認スキー指導者検定(公認スキー指導員、公認スキー準指導員) 
   ※総合判定は実技と理論の合格をもって合格とする。
科目過程種目斜面設定回転数採点基準
実技基礎プルークボーゲン緩斜面・整地4回転■指導員
実技種目は80ポイントを基準。
基礎課程4種目中3種目、実践課程4種目中3種目が80ポイント以上。
合計640ポイント以上取得。

■準指導員
実技種目は75ポイントを基準。
基礎課程4種目中3種目、実践課程4種目中3種目が75ポイント以上。
合計600ポイント以上取得
基礎パラレルターン 大回り緩中斜面・整地4~6回転
基礎パラレルターン 小回り中急斜面・ナチュラルフリー
横滑りの展開中急斜面・ナチュラルスペース指示
実践シュテムターン中急斜面・ナチュラル4~6回転
パラレルターン 大回り急斜面・ナチュラル4~6回転
パラレルターン 小回り中急斜面・不整地フリー
総合滑走 リズム変化総合斜面・ナチュラルフリー
理論200点満点とし、60%以上。
(2)公認スキーバッジテスト
■プライズテスト(クラウンプライズ・テクニカルプライズ)
実技テスト種目斜面設定採点基準
パラレルターン 大回りナチュラル・急斜面実技テストは、検定員3名の評価とし、3名の平均値を当該種目の取得ポイントとする。ポイントは小数点第1位を四捨五入する。
■クラウンプライズ
実技1種目当たり100ポイントとし、4種目の評価の合計が320ポイント以上をもって合格とする。
■テクニカルプライズ
実技1種目当たり100ポイントとし、4種目の評価の合計が300ポイント以上をもって合格とする。
パラレルターン 小回りナチュラル・急斜面
パラレルターン 小回り不整地・中急斜面
フリー滑走ナチュラル・総合斜面
■級別テスト(1級)
実技テスト種目斜面設定採点基準
パラレルターン 大回りナチュラル・急斜面実技テストは、検定員3名の評価とし、3名の平均値を当該種目の取得ポイントとする。ポイントは小数点第1位を四捨五入する。
実技1種目当たり100ポイントとし、4種目の評価の合計が280ポイント以上をもって合格とする。
基礎パラレルターン 小回りナチュラル・急斜面
パラレルターン 小回り不整地・中急斜面
横滑りナチュラル・急斜面
■級別テスト(2級)
実技テスト種目斜面設定採点基準
基礎パラレルターン 大回りナチュラル・中斜面実技テストは、検定員3名の評価とし、3名の平均値を当該種目の取得ポイントとする。ポイントは小数点第1位を四捨五入する。
実技1種目当たり100ポイントとし、4種目の評価の合計が195ポイント以上をもって合格とする。
基礎パラレルターン 小回りナチュラル・中斜面
シュテムターンナチュラル・中斜面
■級別テスト(3級)
実践講習テスト種目斜面設定採点基準
基礎パラレルターン整地の緩~中斜面実践講習テストとし、公認検定員(講師)が講習の中で「傾斜地における移動技術」の回転技術を指導し、その運動課題の達成度を評価する。
実技1種目当たり100ポイントとし、2種目の評価の合計が120ポイント以上をもって合格とする。
シュテムターン
■級別テスト(4級)
実践講習テスト種目斜面設定採点基準
プルークボーゲンによるリズム変化整地の緩~中斜面実践講習テストとし、公認検定員(講師)が講習の中で「傾斜地における移動技術」の回転技術を指導し、その運動課題の達成度を評価する。
実技1種目当たり100ポイントとし、55ポイント以上をもって合格とする。
■級別テスト(5級)
実践講習テスト種目斜面設定採点基準
プルークボーゲン整地の緩斜面実践講習テストとし、公認検定員(講師)が講習の中で「傾斜地における移動技術」の回転技術を指導し、その運動課題の達成度を評価する。
実技1種目当たり100ポイントとし、50ポイント以上をもって合格とする。

Be the first to comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください